+81 から世界へ。

少ない休暇を駆使してあちこち旅に出ている商社OLの旅行記。現地で友人に会うパターンの一人旅多めです。

【SFC修行2018】SFC修行を始めます。

こんにちは。

毎回お久しぶりの記事になっております^^;

 

突然ですが、しかもタイミング的に今更感があるような気もしますが、SFC修行を始めることにしました!

 

f:id:yukitatotheworld:20180616184420j:image

韓国ロス。

 

 

 

SFC(スーパーフライヤーズカード)修行とは

 

2017年に"陸マイラー"というワードを知った私。

今まで主に飛行機に乗って&クレジットカード決済によるポイントによってANAのマイルを貯めていましたが、それとは比にならない効率の良さでマイルが貯まっていく、"ポイントサイトを利用する"という方法を知りました。自分も始めようと関連ブログを読み漁っていると、多くの陸マイラーさん達が目指す(もしくは既に達成している)航空会社の上級会員ステータスについても興味が湧いてきました。

日系エアラインだとJALANAどちらもありますが、長いことANAマイレージ会員のため、ANAで見ていきたいと思います。

 

上級会員(プレミアムメンバー)についてはこちら。

ひとつ上の空の旅へ | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

 

ひとつ上の空の旅とかくつろぎとか感動とか、

なんだか普段私が生きている下界とは違う世界が味わえそうな、そそられる言葉がたくさん。

このステータスを達成するためには、マイルを貯めるのではなく、搭乗することにより加算される、"プレミアムポイント"を貯める必要があります。

 

SFC(スーパーフライヤーズカード)とは、ステータスのあるうちにゲットしておくと、年会費を払い続けている限り、半永久的にステータスを維持できるクレジットカードのこと(たぶん)。

スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

 

そしてSFCをゲットするべく目指すは、年間にプレミアムポイントを50,000ポイント貯めること。

年間とは1月〜12月。年が明けるとプレミアムポイントはゼロになってしまいます。

ということは、年明けすぐにプレミアムポイントを貯めることを意識した旅を始める方が良いんですね。

 

・・・。

 

あれ、もう2018年上半期を終えようとしている。

 

 

現時点でのプラン

 

去年からSFC修行に興味があったものの、いざ自分が目指す、という気持ちになれていなかったのですが、4月ごろ急に、今年だ!!!と思い立ったのです。

チケットを手配しようと思うも、割引運賃がもう売り切れていたり、そもそも繁忙期で最安値で買えないという状態に陥っていますが、今のところこんな感じの旅行を予定しています。

 

・1泊3日で行く、マレーシア・クアラルンプールの旅

・0泊3日で行く、シンガポール&中国・北京の旅

・ギャラクシーフライトでトンボ帰り、沖縄の旅

・午後休で行く、沖縄日帰りの旅

・海鮮食べまくり(たい)、札幌日帰りの旅

 

シンガポール&中国は、エアチャイナのビジネスクラスを予約しましたので現金で支払いましたが、それ以外はポイントサイト→マイルをスカイコインに変えて購入したのでお財布に優しい旅となっております。w

 

今年に入ってからの旅行でわずかに加算されたポイントがあるので、この旅程でひとまずプレミアムポイントは30,000を超える予定。

あとは10月ぐらいにシドニーに行きたいな!と思っています。

それ以外も計画して、早めにチケットを手配せねば。

 

 

どなたかの参考になりますように・・・

 

SFC修行をするのであれば、多くの陸マイラーさん達のように、前年から年明け(修行する年)のチケットを手配しておくのがベストだと思います。1~3月ごろって海外航空券も割と安いですし。

ですが私のように、夏(=ハイシーズン)を目前に修行を始めたくなってしまった方も、十分間に合いますよ〜という希望ことをお伝えするために、今後修行旅行について綴っていきたいと思います。

また、私自身まだ全プラン立てていない状態ですので、おすすめの旅程をシェアしていただけると嬉しいです。

 

その買うを、もっとハッピーに。ハピタス

 

 

 

【ソウル GW2018】カロスキルのカフェでホッと一息。

GW前半に韓国 ソウルへ行ってきました。

 

ソウル在住の韓国人友達にローカルの楽しみ方を教えてもらったり、一緒に行った友人とザ・韓国!な垢すりに行ったり。

韓国の地元飯をソジュ(韓国の焼酎)と楽しむことをメインにしつつも、おしゃれカフェにも行ったので紹介したいと思います!

 

 

カロスキルでの小休憩に。”Milestone Coffee”

 

ソウルは東京以上におしゃれなレストランやカフェが多い印象。

グーグルマップで評価の高いカフェに行きましたが、雰囲気の良いカフェが点在しているせいか、ひとつの場所に人が集中しておらず静かで落ち着いた空間でした。

 

雰囲気、味ともに良かったのはこちら。

 

Milestone Coffee

마일스톤 커피 로스터스 (@milestone_coffee) • Instagram photos and videos

 

ソウルのおしゃれエリア、カロスキルにあります。

 

f:id:yukitatotheworld:20180506151457j:image

f:id:yukitatotheworld:20180506151553j:image

f:id:yukitatotheworld:20180506151628j:image

 

太陽の光が程よく差し込むシンプルな空間。

 

f:id:yukitatotheworld:20180506151938j:image

f:id:yukitatotheworld:20180506152402j:image

 

コーヒーやラテの値段は日本円でだいたい500〜600円程。物価が安いと思っていた韓国ですが、現代風(笑)のカフェは東京と変わらない価格帯でした。

 

このカフェはティラミスの評判が良いようなので、再訪の際は頂こうと思います!

 

その他行ってみたカフェまとめ

 

おすすめのMilestone Coffee以外にも、何軒か紹介したいと思います。

 

24”7

 

f:id:yukitatotheworld:20180507123629j:image

学生の街、弘大にあるカフェ。

ここはそう、まさにインスタ映え。とにかく可愛らしい。

ドリンクはというと、、うーん。コーヒー好きな方にはお勧めしません。笑

可愛い空間でただただお喋りできれば良いのなら、夜遅くまで開いているので覚えておくと良いと思います!

Instagramで24”7とスポット検索すると、韓国のかわいこちゃんの写真がたくさん出てきます(//∇//)

f:id:yukitatotheworld:20180507214125j:image

  

 

GERBEAUD 

 

f:id:yukitatotheworld:20180507213927j:image

カンナムにできたLOTTE WORLD TOWERにあるこちら。

都内にもあるなーと思いながらも、座り心地の良さそうなソファに惹かれて入ってしまいました。

前日韓国人友達に連れて行ってもらった、食べまくり飲みまくりのサムギョプサルディナーが一人20,000ウォンだったのに対し、紅茶(ポットサービスだけど)が18,000ウォンという震える価格帯。

ラグジュアリーなブティックばかりが立ち並ぶこの商業施設ならでは。。

 

f:id:yukitatotheworld:20180507214035j:image

 

 

ちなみにLOTTE WORLD TOWERは2016年12月に完成した高さ555mのタワー。

カロスキルからは離れていますが、同じカンナム地区にあります。

f:id:yukitatotheworld:20180508124458j:image

LOTTE WORLD TOWER

 

Cafe de Paris 

카페 드 파리

韓国に何店舗もあるチェーン店。

明洞店に行きました。

本当はカフェに向かう階段の脇(路上)にある、この(↓)ジェラートが食べたかったのですが、待ち合わせを兼ねていたので座って落ち着けるこちらに。

 

f:id:yukitatotheworld:20180508123530j:image

 

いちごたっぷりのこのパフェ?を頂きました。

底の方にはいちご味のシャーベットが隠れています。

f:id:yukitatotheworld:20180508124806j:image

 

中国、日本でフランチャイズ募集中です。笑

日本にオープンする日も近いかもしれませんね。

f:id:yukitatotheworld:20180508124840j:image

 

 

夜遅くでも美味しいコーヒーがすぐそこに(^^)

 

味のクオリティも値段も日本と変わらない韓国のカフェ事情。特筆すべき点は夜遅くまで開いているということ!
私は夜友人と外食した後や軽く飲んだ後はコーヒーや甘いものを摂取したい派なのですが、都内にあるハンドドリップで丁寧に淹れてくれる系カフェは閉店時間の早いこと。。(夕食後どころか、仕事後すぐでもクローズしているお店もあるぐらい。)
その点、ソウルにあるカフェは22-23時頃までオープンしているカフェが多くあります。
夜更かしコーヒーが好きな私にはとても嬉しい環境でした。

 

越前ガニを堪能‼︎民宿なかじま宿泊記

こんにちは。

 

先日旅行で福井県へ行き、越前蟹を手頃なお値段で頂ける、民宿なかじまへ宿泊してきました。

格安バスツアーなんかで組まれているカニ食べ放題でも満足できる私ですが、当たり前ながら越前蟹の美味しさは格別です!

 

 

  • 民宿なかじま

今回の旅の目的は新鮮な越前ガニをたらふく食べること。

その目的に打ってつけなのが今回宿泊した民宿なかじまです。

福井県に訪れたことのない方も一度は聞いたことがあるであろう、東尋坊の近くに位置しています。

 

www.mikuni.org

 

 

食事の準備がピークに差し掛かる時間帯を外せば、電話1本で東尋坊や付近の駅までお迎えに来てくれるそうです。

私は東尋坊を観光したあと、三国港行きのバスへ乗って行きました。

最寄りのバス停の名前を忘れてしまいましたが、三国サンセットビーチの近くの停留所です。

 

 

  • 越前がにフルコースディナー

 

こちらの宿の目玉はなんといっても越前蟹。

民宿なかじまでは、お客様に安く提供できるよう、足が1, 2本折れた蟹を買い付けしているそうです。

三国港市場では足の1〜2本折れた「てんぼ」と呼ばれるかにを買い付けしています。
海に生存しているときに、蟹同士のケンカや海の障害物により
脚が取れたもので、人間のかさぶたのように、蓋ができている、
味の変わらない良質のものを、主人の目利きで仕入れます。
お客様に美味しい越前かにをなるべくお安く提供するための王道です。

 

夕食の時間は18時。

まずは先付のお刺身と日本酒を頂きます。最高!

『久保田酒造』 福井県坂井市にある酒蔵から日本酒を直送 / 純米酒 鬼作左 720ml

 

f:id:yukitatotheworld:20180331170043j:image

 

写真を撮っていると、早速越前蟹の登場です。まずは焼きガニ。 

柔らかくて甘くて美味しい〜!食べるごとに蟹の香りが広がります。

f:id:yukitatotheworld:20180331170112j:image

 

続いて蟹刺し。蟹のお刺身初めて食べました!

甘エビのような甘さで美味しい。ハサミの部分はよく動かず部位だからか足よりも歯ごたえがありました。

f:id:yukitatotheworld:20180331170131j:image

 

そして、茹でガニ!

1人1匹。なんとも贅沢です。

写真を見てわかる通り、足が1本ない状態ですが、正真正銘の越前蟹。足が全部あったとしても、少し傷があるだけで競りの価格が何倍も変わるらしいですね。庶民にはこちらの蟹で十分すぎる程です。

f:id:yukitatotheworld:20180331170154j:image

 

1人一皿持ってお決まり写真を撮ってもらった後は、手際よく食べやすい状態に身を分けて頂きました。

f:id:yukitatotheworld:20180331170222j:image

 

越前蟹の証、黄色いタグ付きです。

今まで蟹味噌は苦手だったのですが、これは美味しすぎました!新鮮で良いものは美味しいと感じるものですね。笑

f:id:yukitatotheworld:20180331170243j:image

 

思ったより殻が柔らかく、とてもほぐしやすい。美味しくて手が止まりません。

f:id:yukitatotheworld:20180331170304j:image

 

茹でガニを食べていると、カニしゃぶ用の蟹が登場。

まだ生きていて、触ると足をバタバタとさせていました。

f:id:yukitatotheworld:20180331170328j:image

 

従業員の方がサッとお湯にくぐらせてくれます。しゃぶしゃぶのお出汁も美味しくて最高。幸せ。。。

f:id:yukitatotheworld:20180331170339j:image

 

茹でガニがボリューム満点でかなりお腹いっぱいなのですが、締めの雑炊も美味しく頂きました。蟹味噌と身がたっぷり入った贅沢すぎる雑炊。少し塩味が強かったので日本酒が進みます。笑 

f:id:yukitatotheworld:20180331170402j:image

 

お腹が張ちきれそうでしたが、何杯もおかわりして完食しました。

ちなみに食べきれなくても大丈夫。茹でガニは翌朝保冷剤を入れてお持ち帰りさせてくれます。

 

  • 初めての民宿…宿泊した感想

 

皆さん民宿に泊まったことはありますか?

民宿って聞いたことはあるけれど、実際に泊まるのは初めてでした。

 

民宿(みんしゅく)は主に民間が運営する、多くの場合小規模かつ、客室が和室であるなど設備が主に和式である宿泊施設のこと。観光・レジャーによる利用を主体とし、多くは家族単位での経営である。

 

お風呂やトイレは共用で、部屋から襖を開ければもう共用スペースの廊下で、襖なので部屋の鍵もありません。要はプライベートがない。。

 

襖一枚なので、当然ながら他の宿泊客の声や足音がよく聞こえます。

普通そういう場所では少し声のトーンを落として会話すると思うのですが、私が泊まった日は運悪く、めちゃくちゃ声の大きい方がいてずーっと話し声が聞こえてきました。。別に騒いでいるわけではないのですが、隣の部屋じゃないのに声が筒抜けで、気になって気になってしょうがなかったです(^^;

 

それがなかったとしても、こちらの話し声も少なからず外に漏れるでしょうし、何かと気を遣ってしまい私はリラックスできませんでした。

 

蟹は美味しいし、女将さんを始めとする従業員の方々は皆さん気さくで良い方なので、また行きたい気持ちもありますが、やっぱり泊まるならホテルや旅館が良い!!というのが正直な感想。

 

バックパッカー向けのドミトリーとか全然平気なタイプなのですが、それとは挑む姿勢や気持ちが違うからか(意味不)、しっくり来なかった民宿での宿泊でした。 

日本文化に馴染めない部分があると知り、少し自分にショックを受けました。笑

 

同じ食事内容を都内でしようと思ったら、気軽には行けないお値段になるので、越前蟹でお腹いっぱいになるという贅沢な体験ができ、民宿体験はさておき福井まで足を運んだ甲斐がありました^^

 

www.8eihomaru.com

カルビーポテトチップス #地元チップス 水ようかん味を実食

こんばんは(^^)

 

先日旅行で福井県へ行ってきました。

 

そこで見つけた水ようかん味のポテトチップス!

ポテチと言えばしょっぱいものなのに、水ようかん味⁉︎と驚き思わず手に取ってしまいました。

 

f:id:yukitatotheworld:20180327123701j:image

 

カルビーでは、47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現するというプロジェクトを発足しており、これは第3弾として発売されたもののようです。

 

❤JPN 掘りだそう、日本の力。 | ポテトチップス | カルビー株式会社

 

普段ポテトチップスを食べないので全然知らなかったのですが、各都道府県のコンビニ・スーパーや、各地にあるアンテナショップで販売されていたんですね。

 

ウェブサイトで第1〜3弾のパッケージを見ることができ、京都府のちりめん山椒味や長崎県のあごだし味、鳥取県砂丘をイメージした珈琲味など気になるものがたくさんあります。

 

さて、今回買ってみた水ようかん味、水ようかんと言われても水ようかんの味なのか全く分からなかったですが笑、ほんのり甘くてとても美味しかったです!

サツマイモみたいな優しい甘さでした。

 

どの味も数量限定で、今月を目安に終売予定のようです。

人気のある味が定番商品になったりするのでしょうか?

他のお味を食べたことがある方、感想教えてください(^^)

 

 

【カンボジア シェムリアップ】Khmer Taste Restaurant でランチ

私はタイ料理やベトナム料理などが大好きなのですが、カンボジアに行くまでカンボジア料理を一度も食べたことがなく、どんな料理なのかも知りませんでした。

まぁなんとなく、あのへん(タイ、ベトナム)の味がするんだろなと想像していました。

 

滞在中、気軽にカンボジアの料理が楽しめるレストランでランチをしたので、ご紹介します!

 

Khmer Taste Restaurant

 

f:id:yukitatotheworld:20180317125716j:image

カンボジアで広く食べられているクメール料理や、馴染みのあるタイ料理、卵とトーストなど、メニューが豊富なこちら。

観光客向けですがリーズナブルでとても気に入りました。

 

f:id:yukitatotheworld:20180317125821j:image

 

ここでは、

を頂きました。

 

f:id:yukitatotheworld:20180317141520j:image

 

ライスもセットで2人でたったの$10.50

f:id:yukitatotheworld:20180317130754j:image

 

カンボジアの通貨のリエルがあったので

アメリカドル 10ドル ➕ 2000リエル で支払いました。

カンボジアでは、アメリカドルは紙幣しか流通していないので、細かいお金はリエルを使います。

1000リエル=¢25換算で使用可能。(2018/2月)

 

 

レストランの場所はパブストリートのすぐ近く。

 

食事をした人はドクターフィッシュが無料です。

私は元々ドクターフィッシュが苦手で、しかもカンボジアのドクターフィッシュは結構な大きさのお魚さん。。。

その魚たちがおじさんの足に群がっている光景を見てドン引きしたので遠慮しました・・・笑

 

カジュアルだけれども清潔感があり、広々と明るい店内。

一皿のポーションも十分な量で大満足でした^^ 

【カンボジア シェムリアップ】屋台をハシゴする

こんばんは!

 

旅先での楽しみといえば食事。

特に東南アジアでは安くて美味しい屋台飯は外せません!

 

今回のカンボジアの旅でもたくさん食べました。屋台飯でお腹いっぱいにしたり、シメの屋台飯を楽しむ為に夕飯を軽めにしたり。

 

料理名は分からず…ですが、食べたものを紹介したいと思います(^^)

 

 

毎晩リピ!屋台飯

 

カンボジア初日。

シェムリアップに到着したのは20:00頃だったので、ホテルへチェックイン後、小腹を満たしに賑わう夜の街へ‼︎

PUB STREETあたりを散策し、シェムリアップ川沿いに立ち並ぶ屋台へ行きました。

f:id:yukitatotheworld:20180311004923j:image

屋台がずらり。

正面は道路に面していて、これはテーブルやベンチがある川側から撮影。

 

まずは麺類から。ひとつ1ドル。

f:id:yukitatotheworld:20180311005245j:image

手前のライスヌードルがこの旅1番おいしさでした‼︎

味付けに辛さはないので、テーブルに置いてあるチリソースをお好みで。

 

 

次はチャーハン。

の前にフルーツジュース&シェイクの屋台にも寄っています。

f:id:yukitatotheworld:20180311005741j:image

大盛り!

f:id:yukitatotheworld:20180311005943j:image

少年がお手伝い。

 

この屋台は他に比べて少し規模が大きく、分かりやすい写真付きのメニューがありました。

f:id:yukitatotheworld:20180311010336j:image

 

空心菜の炒め物も頼みます。この量で1ドルです!

f:id:yukitatotheworld:20180311010726j:image

 

翌日。

夕飯を食べた後、前日美味しすぎたライスヌードルを求め同じ屋台に行くも、残念ながら売り切れ…

この日は乾麺を使った焼きそばを食べました。

 

f:id:yukitatotheworld:20180311011342j:image

 

昨日ほどの感動はありませんが、これはこれで美味しい。

(スーパーで乾麺を買ったので、先日さっそく作ってカンボジア気分を味わいました。)

 

この次の日もホテルでの夜食用に麺をテイクアウト。(ライスヌードルゲットできました‼︎)

うん、何回食べても美味しい!

 

スイーツ編

 

屋台飯はごはんだけではありません。

スイーツも豊富です!

 

たこ焼き機のようなプレートで焼くこちら。

もっちりした生地ににココナッツミルクっぽい何かが入っています。焼きたては殺人的熱さなので注意が必要。

f:id:yukitatotheworld:20180311012029j:image

脚だけ映っているお方、2日連続で屋台で遭遇したフランス人。あの丸いのが何か気になってる、と話したら買ってくれました。笑

 

“パンケーキ”という名のペラペラクレープ。

f:id:yukitatotheworld:20180311012532j:image

クルッと巻いて紙に包んでくれます。

f:id:yukitatotheworld:20180311012623j:image

 

日本でも人気らしい冷え冷えの鉄板の上で作るアイス!

f:id:yukitatotheworld:20180311012929j:image

f:id:yukitatotheworld:20180311012822j:image

f:id:yukitatotheworld:20180311012839j:image

このアイスはPUB STREETの至る所で売られていました。

口溶け滑らかで美味しい!2.5ドルでした。

 

屋台ではないですが、オールドマーケットで食べたこちら。

白玉の中にシロップが入っていて、上にはその場で削ったココナッツファインが乗っています。

f:id:yukitatotheworld:20180311013835j:image

f:id:yukitatotheworld:20180311204202j:image

f:id:yukitatotheworld:20180311013944j:image

割とカオスな配置、、気にしないでおきましょう。

ちなみにお値段たったの1000リエル!26円ぐらいです。

自然の甘さがとても美味しかったです。

 

南国フルーツを楽しむ

 

東南アジアはフルーツ天国!

日本と比べ物にならないぐらい安いので、南国フルーツ好きは堪りません。

 

日中から夜中まで、たくさんのフルーツジュースの屋台が出ていて、どの店も1ドルで提供しています。

 

f:id:yukitatotheworld:20180311015402j:image

f:id:yukitatotheworld:20180311015408j:image

注文すると、その場でミキサーにかけて作ってくれます。

f:id:yukitatotheworld:20180311015723j:image

フレッシュフルーツがふんだんに使われていますが、シロップと練乳もかなり入っています。甘くて美味しいのですが、フルーツの甘さだけでも十分美味しくなるだろうと思ったので、2回目からはシロップは少なめにしてもらうように注文していました。

本当に減らしてくれていたのかは分かりませんが。

 

f:id:yukitatotheworld:20180311015040j:image

最終日。トゥクトゥクに乗ったまま屋台に寄るという荒業。

 

スーパーや道端でフルーツを買って、ホテルで食べるのも良いですね!

 

まとめ

 

私が食べた麺類やチャーハン以外は、串焼きもよく見かけました。

現地の方も家で料理するより、屋台で夕食を済ますことが多いそうです。

だいたいどれも1ドルで、一皿で満腹にはならないので色々試せるのが良いですね(^^)

(少食の方は一皿で十分かもしれません…私はかなり‼︎食べる方です。)

 

衛生面が気になる方もいるかもしれませんが、基本的に火を通した料理なので胃腸が弱すぎない方であれば問題ないかと思います。お皿やお箸も使い捨ての新品なので安心。ウェットティッシュやサニタイザーで手を消毒にして気持ち的に安心してから食べるとより美味しく頂けると思います!

 

ちなみに私がリピートしていた屋台は地図だとこの辺りです。

f:id:yukitatotheworld:20180311202347j:image

オールドマーケット正面の道路沿いの川側にたくさん並んでいました。

だいたい屋台が出始めるのは17, 18時ぐらいから、売り切れの可能性もありますが、夜中の12時頃でもまだやっているので、屋台飯好きな方も試したことがない方も是非行ってみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

【カンボジア シェムリアップ】G.O.D BARで喉を潤す。

カンボジアシェムリアップでは明け方から夜中までフルに活動しました。

 

日中はとても暑く、遺跡巡りではたくさん歩いて汗だく。。

かなり体力を消耗していながらも、一度シャワーを浴びてから繰り出す夜の街は最高でした!

 

たくさんのバーが立ち並ぶPUB STREETの目の前にあるバー(クラブ?)を紹介したいと思います(^^)

 

f:id:yukitatotheworld:20180309213435j:image

シェムリアップに到着した日。バーやレストランが立ち並び、音楽がガンガン鳴り響くPUB STREET。パリピな街すぎて衝撃を受ける。

 

 

シェムリアップが誇るルーフトップバー、X BARの下の階のG.O.D CLUB。

 

観光客で溢れるPUB STREET。

この付近は高層の建物がない為、ルーフトップバーと言っても2〜3階の建物の屋上を表します。

 

X BARというルーフトップバーが割と有名らしいのですが、その下の階(建物2階部分)にあるバーに行ってみました。

G.O.D Club & Bar

 G.O.D BARで検索しても表示されないので、X BARで検索・・・

 

f:id:yukitatotheworld:20180309220139j:image

1階は24時間営業のスーパー、2階がG.O.D CLUB。その上がX BAR。

 

メインはダンスフロアで、外に面したバルコニー部分にテーブルが並んでいて食事もできます。
遅い時間帯でしたが夕飯を食べていなかったので、ピザやステーキ、ポテトを頂きました。

 

f:id:yukitatotheworld:20180309220629j:image

だいたいのバーで生ビールのジョッキがたったの$0.50

 

シェムリアップは曜日に関係なく観光客がたくさんいるのですが、訪れたのが月曜日だったからか、PUB STREET沿いではないからか、店内はとても空いていました。

 

その割に、オーダーをド忘れしがちな店員さんのおかげでドリンクの提供には時間が掛かりましたが…カンボジア人の可愛らしい笑顔でオールオッケーです。笑

 

食事ができるスペースには大型スクリーンがあり、サッカーの試合が流れていました。

ワールドカップの時期ならとても盛り上がりそう☆

 

f:id:yukitatotheworld:20180309223325j:image

シェムリアップの夜とコーラ。

 

シェムリアップのクラブに初潜入

 

肝心のダンスフロアは、、人がいない!

スタッフしかいない!笑

12時を回りそうな時間帯だったのですがガラガラでした。

 

f:id:yukitatotheworld:20180309221545j:image

写っているのは私の友達…

 

去年オープンしたらしいので、知名度が高くないのでしょうか。

Facebookページには、多少盛り上がっていそうな写真もアップされているので、この日がたまたま空いていたと信じましょう。

新しくて綺麗なのでおすすめです!

 

 

絶対盛り上がりに行きたい方は…

 

PUB STREET沿いにあるTEMPLEというクラブは毎晩大盛況でした。

盛り上がりに行きたい方はこちらに行けば間違いないと思います!

 

f:id:yukitatotheworld:20180309223033j:image

TEMPLEはバーとかカフェとか、街の至る所に展開されていました。

 

まとめ

 

カンボジアにこんなにたくさんのバーやクラブがあるなんて驚きでした。

西洋人が多く訪れる観光地あるあるですね。

生ビール$0.50、カクテルも$1〜2という破格なので、気軽に立ち寄れてとても良い!

スーパーでお酒を買ってホテルの部屋で飲む…なんてするより格安です。笑

 

疲れていてもつい足を運びたくなる、世界各国からのエネルギーが溢れる夜のシェムリアップでした(^^)